顕微鏡の形による分類   光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド

光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド トップ > 顕微鏡の種類 > 顕微鏡の形による分類

「光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド」ではカテゴリ別に顕微鏡に関することを紹介しています。
本ページでは「顕微鏡の形による分類」について解説します。

  

顕微鏡の形による分類

顕微鏡は、まず顕微鏡の形から分類することができます。
【正立型顕微鏡】
正立型顕微鏡とは、一般的な顕微鏡のことです。標本の上に対物レンズがある一般的な顕微鏡です。正立型顕微鏡では、標本を上から観察することができます。
【倒立型顕微鏡】
倒立型顕微鏡とは、正立方の顕微鏡とは異なり、標本の下に対物レンズがある顕微鏡です。倒立型顕微鏡では、標本を下から観察することができます。


スポンサードリンク

顕微鏡の形による分類」では、
"顕微鏡の種類"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「顕微鏡の種類」をご参照ください。



顕微鏡の種類一覧
顕微鏡の形による分類  実体顕微鏡  光学顕微鏡  暗視野顕微鏡  位相差顕微鏡  微分干渉顕微鏡  偏光顕微鏡(鉱物顕微鏡)  蛍光顕微鏡  電子顕微鏡 

メイン | 実体顕微鏡 »
光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで-トップ
 

Copyright(c)光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで- All rights reserved .