位相差顕微鏡   光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド

光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド トップ > 顕微鏡の種類 > 位相差顕微鏡

「光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド」ではカテゴリ別に顕微鏡に関することを紹介しています。
本ページでは「位相差顕微鏡」について解説します。

  

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡とは、光学顕微鏡では見ることができない透明な標本を観察する時に使用します。位相差顕微鏡は標本を光照射し、対物レンズの代わりに位相差レンズを装着して観察します。この位相差レンズを使用すると、透明な標本を通った光と標本を通らなかった光(の位相)を区別することができ、透明な標本でも観察することができます。位相差顕微鏡は例えば、透明な培養細胞を観察する時に役立ちます。


スポンサードリンク

位相差顕微鏡」では、
"顕微鏡の種類"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「顕微鏡の種類」をご参照ください。



顕微鏡の種類一覧
顕微鏡の形による分類  実体顕微鏡  光学顕微鏡  暗視野顕微鏡  位相差顕微鏡  微分干渉顕微鏡  偏光顕微鏡(鉱物顕微鏡)  蛍光顕微鏡  電子顕微鏡 

« 暗視野顕微鏡 | メイン | 微分干渉顕微鏡 »
光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで-トップ
 

Copyright(c)光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで- All rights reserved .