電子顕微鏡   光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド

光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド トップ > 顕微鏡の種類 > 電子顕微鏡

「光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド」ではカテゴリ別に顕微鏡に関することを紹介しています。
本ページでは「電子顕微鏡」について解説します。

  

電子顕微鏡

電子顕微鏡は光源の代わり極めて波長が短い電子線を用いて標本を観察する顕微鏡です。光学顕微鏡では見ることができない何十万倍という倍率で標本を観察することができます。光とは異なり、電子は目に見えないので、特別な装置で観察することになります。

電子顕微鏡には主に次の様な分類をすることができます。
【透過型電子顕微鏡】
透過型電子顕微鏡は電子線が透過できるぐらいに薄い標本に、電子線を標本に透過させることで像を観察します。
【走査型電子顕微鏡】
標本に電子線を照射して、反射される二次電子を増幅させ、像として観察します。


スポンサードリンク

電子顕微鏡」では、
"顕微鏡の種類"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「顕微鏡の種類」をご参照ください。



顕微鏡の種類一覧
顕微鏡の形による分類  実体顕微鏡  光学顕微鏡  暗視野顕微鏡  位相差顕微鏡  微分干渉顕微鏡  偏光顕微鏡(鉱物顕微鏡)  蛍光顕微鏡  電子顕微鏡 

« 蛍光顕微鏡 | メイン | 鏡台 (顕微鏡の部品) »
光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで-トップ
 

Copyright(c)光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで- All rights reserved .