絞り (顕微鏡の部品)   光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド

光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド トップ > 顕微鏡の部品知識 > 絞り (顕微鏡の部品)

「光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド」ではカテゴリ別に顕微鏡に関することを紹介しています。
本ページでは「絞り (顕微鏡の部品)」について解説します。

  

絞り (顕微鏡の部品)

絞りとは、反射鏡からの光量を調整する装置のことです。絞りには、主に3つの種類があります。
【円板絞り】
もっともシンプルなもので、直径の異なる穴がある円板が、ステージに取り付けられ、回転することによって穴の直径に応じた光量が調節できます。
【虹彩絞り】
理想的な絞りであり、光の量の調節が簡単です。羽状の絞り板を絞ったり開けたりすることで、光量の調整を行います。
【円筒絞り】
ステージの下部にばねつきの枠と遮光小筒を取り付け、それらで光量を調節します。


スポンサードリンク

絞り (顕微鏡の部品)」では、
"顕微鏡の部品知識"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「顕微鏡の部品知識」をご参照ください。



顕微鏡の部品知識一覧
鏡台 (顕微鏡の部品)  鏡柱 (顕微鏡の部品)  ステージ (顕微鏡の部品)  鏡筒 (顕微鏡の部品)  レボルバー (顕微鏡の部品)  顕微鏡の光源  反射鏡 (顕微鏡の部品)  絞り (顕微鏡の部品)  コンデンサー (顕微鏡の部品)  対物レンズ (顕微鏡の部品)  接眼レンズ (顕微鏡の部品)  アクロマート対物レンズ (対物レンズの種類)  セミアポクロマート対物レンズ (対物レンズの種類)  アポクロマート対物レンズ (対物レンズの種類)  視野絞り (顕微鏡の部品)  焦点板入り接眼レンズ (接眼レンズの種類)  スライドガラス (顕微鏡の部品)  カバーガラス (顕微鏡の部品)  ホールスライドガラス 

« 反射鏡 (顕微鏡の部品) | メイン | コンデンサー (顕微鏡の部品) »
光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで-トップ
 

Copyright(c)光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで- All rights reserved .