顕微鏡の倍率計算   光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド

光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド トップ > 顕微鏡の基礎知識 > 顕微鏡の倍率計算

「光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド」ではカテゴリ別に顕微鏡に関することを紹介しています。
本ページでは「顕微鏡の倍率計算」について解説します。

  

顕微鏡の倍率計算

顕微鏡の倍率は接眼レンズの倍率と対物レンズの倍率ですぐに計算できます。
【倍率の簡単な計算】
顕微鏡の倍率=(対物レンズの倍率)×(接眼レンズの倍率)

接眼レンズ及び対物レンズの倍率を使用しない計算方法には、次のようなものがあります。
【その他倍率の計算方法】
A=対物レンズの焦点距離(mm)
B=接眼レンズの焦点距離(mm)
C=明視距離250nm
D=光学筒長(mm)
顕微鏡の倍率=250×D / A×B


スポンサードリンク

顕微鏡の倍率計算」では、
"顕微鏡の基礎知識"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「顕微鏡の基礎知識」をご参照ください。



顕微鏡の基礎知識一覧
顕微鏡の倍率計算  対物レンズの開口数  同じ倍率でも見え方が異なる  球面収差とは  非点収差とは  色収差とは  顕微鏡で観察できる視野範囲を計算する。  プレパラートとは  顕微鏡の買い方  イマージョンオイル 

« アポクロマート対物レンズ (対物レンズの種類) | メイン | 対物レンズの開口数 »
光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで-トップ
 

Copyright(c)光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで- All rights reserved .