対物レンズの開口数   光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド

光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド トップ > 顕微鏡の基礎知識 > 対物レンズの開口数

「光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド」ではカテゴリ別に顕微鏡に関することを紹介しています。
本ページでは「対物レンズの開口数」について解説します。

  

対物レンズの開口数

開口数 (numerical aperture ; NA) とは、レンズの解像力と明るさを表す目安の一つです。対物レンズの開口数は、顕微鏡の性能を左右するほど重要なものです。
開口数が高ければ高いほど、解像力が良くなり、観察されるものも明るく見えます。
【開口数の目安】
・乾燥系対物レンズ=0.05〜0.95
・油浸系対物レンズ=0.65〜1.4


スポンサードリンク

対物レンズの開口数」では、
"顕微鏡の基礎知識"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「顕微鏡の基礎知識」をご参照ください。



顕微鏡の基礎知識一覧
顕微鏡の倍率計算  対物レンズの開口数  同じ倍率でも見え方が異なる  球面収差とは  非点収差とは  色収差とは  顕微鏡で観察できる視野範囲を計算する。  プレパラートとは  顕微鏡の買い方  イマージョンオイル 

« 顕微鏡の倍率計算 | メイン | 同じ倍率でも見え方が異なる »
光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで-トップ
 

Copyright(c)光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで- All rights reserved .