色収差とは   光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド

光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド トップ > 顕微鏡の基礎知識 > 色収差とは

「光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド」ではカテゴリ別に顕微鏡に関することを紹介しています。
本ページでは「色収差とは」について解説します。

  

色収差とは

色収差 (chromatic aberration)とは、光がレンズに入射した時、色の波長によって屈折率が異なってくる為に光が1点で交わらず分散される現象のことです。色収差があると、像の色がズレが生じてピンボケがおこります。最も色収差を起こしやすいのは波長の長い光、赤色(C線=656.3nm)と青色(F線=486.1nm)と黄色(D線=587.6nm)の光が代表的です。これらの色収差を一部補正したレンズには、アクロマート対物レンズ、セミアポクロマート対物レンズ、アポクロマート対物レンズがあります。


スポンサードリンク

色収差とは」では、
"顕微鏡の基礎知識"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「顕微鏡の基礎知識」をご参照ください。



顕微鏡の基礎知識一覧
顕微鏡の倍率計算  対物レンズの開口数  同じ倍率でも見え方が異なる  球面収差とは  非点収差とは  色収差とは  顕微鏡で観察できる視野範囲を計算する。  プレパラートとは  顕微鏡の買い方  イマージョンオイル 

« 非点収差とは | メイン | レンズの管理方法 »
光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで-トップ
 

Copyright(c)光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで- All rights reserved .