リングスリットの調整方法   光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド

光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド トップ > 位相差顕微鏡の使い方 > リングスリットの調整方法

「光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド」ではカテゴリ別に顕微鏡に関することを紹介しています。
本ページでは「リングスリットの調整方法」について解説します。

  

リングスリットの調整方法

位相差顕微鏡観察用のコンデンサ(リングスリット)の調整方法を解説します。
@片方の接眼レンズを外し、心出し望遠鏡を差し込みます。
A心出し望遠鏡を覗き、ピンと合わせ用ヘリコイドを回して位相板とリングスリット像がはっきり見えるようにピントを合わせます。
Bリングスリット心出しつまみを押し込んでまわしながら、心出し望遠鏡を覗いて、リングスリット像の移動を確認します。
C位相板とリングスリット像が合うように調節します。


スポンサードリンク

リングスリットの調整方法」では、
"位相差顕微鏡の使い方"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「位相差顕微鏡の使い方」をご参照ください。



位相差顕微鏡の使い方一覧
レンズの管理方法  顕微鏡を置く場所  対物レンズと接眼レンズの取り付け順序  対物レンズの取り扱い方  乾燥系対物レンズでのピントの合わせ方  標本のセットの仕方  スライドガラスの洗浄方法  カバーガラスの洗浄方法  位相差顕微鏡の対物レンズ  リングスリットの調整方法 

« 位相差顕微鏡の対物レンズ | メイン | 顕微鏡の買い方 »
光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで-トップ
 

Copyright(c)光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで- All rights reserved .