ホルマリンによる試料の固定方法   光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド

光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド トップ > 顕微鏡標本あれこれ > ホルマリンによる試料の固定方法

「光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド」ではカテゴリ別に顕微鏡に関することを紹介しています。
本ページでは「ホルマリンによる試料の固定方法」について解説します。

  

ホルマリンによる試料の固定方法

試料を固定する時に使われるもっともポピュラーなものがホルマリンです。ホルマリンは10%の水溶液を用いるのが一般的です。ホルマリンは粘膜をおかしますので、できる限りドラフトで行いましょう。
【固定方法】
@試料体積に対し、30倍以上のホルマリン溶液を容器に入れます。
A試料をその中に入れます。
B固定時間は試料の大きさによって異なりますが、だいたい3〜24時間です。
C固定されたか確認する場合、試料を切って中心まで白みがかっているか確認します。


スポンサードリンク

ホルマリンによる試料の固定方法」では、
"顕微鏡標本あれこれ"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「顕微鏡標本あれこれ」をご参照ください。



顕微鏡標本あれこれ一覧
一時プレパラートの作り方  水を使わない一時プレパラートの作り方  半永久プレパラートの作り方  永久プレパラートの作り方  スンププレパラートの作り方  試料を固定するということ  ホルマリンによる試料の固定方法  ホルマリン固定後の処理  標本切片の作り方  ミクロトームの刃  ミクロトームの取扱注意事項  ミクロトームの種類  ウルトラミクロトーム  パラフィン切片  カーボワックス切片  セロイジン切片  氷結切片  染色した標本を作る  アセトカーミン  塗抹標本の作り方 

« 試料を固定するということ | メイン | ホルマリン固定後の処理 »
光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで-トップ
 

Copyright(c)光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで- All rights reserved .