ミクロトームの刃   光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド

光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド トップ > 顕微鏡標本あれこれ > ミクロトームの刃

「光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド」ではカテゴリ別に顕微鏡に関することを紹介しています。
本ページでは「ミクロトームの刃」について解説します。

  

ミクロトームの刃

ミクロトームの刃は、薄く切り取る切片の状態を左右する大切な部分です。ミクロトームの刃には主に2種類の刃の形があり、両平面刀、平凹刀に分類されます。両平面刀はパラフィン切片の作成に使用され、平凹刀はセロイジン用として使用されています。そして両平面刀と平凹刀の中間に位置するものはパラフィン切片とセロイジン切片両方に使われます。


スポンサードリンク

ミクロトームの刃」では、
"顕微鏡標本あれこれ"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「顕微鏡標本あれこれ」をご参照ください。



顕微鏡標本あれこれ一覧
一時プレパラートの作り方  水を使わない一時プレパラートの作り方  半永久プレパラートの作り方  永久プレパラートの作り方  スンププレパラートの作り方  試料を固定するということ  ホルマリンによる試料の固定方法  ホルマリン固定後の処理  標本切片の作り方  ミクロトームの刃  ミクロトームの取扱注意事項  ミクロトームの種類  ウルトラミクロトーム  パラフィン切片  カーボワックス切片  セロイジン切片  氷結切片  染色した標本を作る  アセトカーミン  塗抹標本の作り方 

« 標本切片の作り方 | メイン | ミクロトームの取扱注意事項 »
光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで-トップ
 

Copyright(c)光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで- All rights reserved .