カーボワックス切片   光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド

光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド トップ > 顕微鏡標本あれこれ > カーボワックス切片

「光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド」ではカテゴリ別に顕微鏡に関することを紹介しています。
本ページでは「カーボワックス切片」について解説します。

  

カーボワックス切片

カーボワックス切片は、ポリエチレングリコールで試料を固めてミクロトームで切片にします。カーボワックス切片は、セロイジン法やパラフィン法より短期時間(早くて2〜3時間)で標本を作ることができます。欠点としては、大きな標本に使えず、連続切片にも向いていないなどの欠点が挙げられます。


スポンサードリンク

カーボワックス切片」では、
"顕微鏡標本あれこれ"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「顕微鏡標本あれこれ」をご参照ください。



顕微鏡標本あれこれ一覧
一時プレパラートの作り方  水を使わない一時プレパラートの作り方  半永久プレパラートの作り方  永久プレパラートの作り方  スンププレパラートの作り方  試料を固定するということ  ホルマリンによる試料の固定方法  ホルマリン固定後の処理  標本切片の作り方  ミクロトームの刃  ミクロトームの取扱注意事項  ミクロトームの種類  ウルトラミクロトーム  パラフィン切片  カーボワックス切片  セロイジン切片  氷結切片  染色した標本を作る  アセトカーミン  塗抹標本の作り方 

« パラフィン切片 | メイン | セロイジン切片 »
光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで-トップ
 

Copyright(c)光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで- All rights reserved .