シャウジン液-原生動物などの固定に-   光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド

光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド トップ > 固定液を作ろう > シャウジン液-原生動物などの固定に-

「光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド」ではカテゴリ別に顕微鏡に関することを紹介しています。
本ページでは「シャウジン液-原生動物などの固定に-」について解説します。

  

シャウジン液-原生動物などの固定に-

シャウジン液は原生動物を固定するときによく使われる溶液です。ただ、塩化第二水銀を含んでいますので、排水処理や取り扱いには注意しましょう。
用意するもの
塩化第二水銀水溶液、エタノール溶液、氷酢酸
配合
塩化第二水銀水溶液:エタノール溶液:氷酢酸=66:33:1
使用直前に配合して、使用するときは50℃に温めて使います。
 シャウジン液を使った固定方法にはハンギングドロップ法というのがありますので、カテゴリ「固定液を作ろう」のハウギングドロップ法をご参照下さい。


スポンサードリンク

シャウジン液-原生動物などの固定に-」では、
"固定液を作ろう"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「固定液を作ろう」をご参照ください。



固定液を作ろう一覧
シャウジン液-原生動物などの固定に-  ハンギングドロップ法  ブアン液-原生動物の固定に-  ジェンダー液  塗抹標本を固定するときのポイント 

« プランクトン計算盤 | メイン | ハンギングドロップ法 »
光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで-トップ
 

Copyright(c)光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで- All rights reserved .