ブアン液-原生動物の固定に-   光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド

光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド トップ > 固定液を作ろう > ブアン液-原生動物の固定に-

「光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド」ではカテゴリ別に顕微鏡に関することを紹介しています。
本ページでは「ブアン液-原生動物の固定に-」について解説します。

  

ブアン液-原生動物の固定に-

ブアン液は主に原生動物の固定に使われます。ここではブアン液の配合とブアン液を使った固定方法を紹介します。
用意するもの
ピクリン酸飽和水溶液、ホルマリン原液、氷酢酸
ブアン液の配合比率
ピクリン酸飽和水溶液:ホルマリン原液:氷酢酸=15:5:1
これらを配合するときはブアン液を使用する直前に作り、一度使ったものは捨てましょう。
ブアン液を使った固定方法
試料をブアン液に一晩つけて固定させます。その後試料を70%エタノール溶液にいれて、ピクリン酸の黄色がなくなるまで何度かエタノール溶液を交換しながら洗います。


スポンサードリンク

ブアン液-原生動物の固定に-」では、
"固定液を作ろう"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「固定液を作ろう」をご参照ください。



固定液を作ろう一覧
シャウジン液-原生動物などの固定に-  ハンギングドロップ法  ブアン液-原生動物の固定に-  ジェンダー液  塗抹標本を固定するときのポイント 

« ハンギングドロップ法 | メイン | ジェンダー液 »
光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで-トップ
 

Copyright(c)光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで- All rights reserved .