ジェンダー液   光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド

光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド トップ > 固定液を作ろう > ジェンダー液

「光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド」ではカテゴリ別に顕微鏡に関することを紹介しています。
本ページでは「ジェンダー液」について解説します。

  

ジェンダー液

ジェンダー液はグリコーゲンを固定するための固定液として主に使用されます。ジェンダー液は試料を固定する直前に使って、使ったジェンダー液は捨てます。それでは、ジェンダー液の組成と固定方法を見ていきましょう。
組成と配合
ピクリン酸の90%エタノール飽和溶液:ホルマリン原液:氷酢酸
=16:3:1
固定方法
試料をジェンダー液に4〜8時間固定した後に70%エタノールに浸します。エタノールを何度か交換しながら、ピクリン酸の黄色がほとんどなくなるまで洗浄します。


スポンサードリンク

ジェンダー液」では、
"固定液を作ろう"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「固定液を作ろう」をご参照ください。



固定液を作ろう一覧
シャウジン液-原生動物などの固定に-  ハンギングドロップ法  ブアン液-原生動物の固定に-  ジェンダー液  塗抹標本を固定するときのポイント 

« ブアン液-原生動物の固定に- | メイン | カルノア液 »
光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで-トップ
 

Copyright(c)光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで- All rights reserved .