塗抹標本を固定するときのポイント   光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド

光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド トップ > 固定液を作ろう > 塗抹標本を固定するときのポイント

「光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド」ではカテゴリ別に顕微鏡に関することを紹介しています。
本ページでは「塗抹標本を固定するときのポイント」について解説します。

  

塗抹標本を固定するときのポイント

塗抹標本を固定するときの注意点ですが、試料が完全に乾くと、例えば動物プランクトンの場合は干からびてしまって体が収縮したり変形してしまいます。試料は完全に乾ききる前に固定することが大切です。
 それと、固定に使用する固定液はなるべく固定する直前に作成しましょう。使用後の固定液は再利用しないことも大切です。
 また固定液を作るときに有機化合物を使用するときもあり、蒸気が有害なものもあります。そのため、ドラフトがある場合はできるだけドラフト内で安全に操作するようにしましょう。有機化合物を廃棄するときの処理方法も明確に。


スポンサードリンク

塗抹標本を固定するときのポイント」では、
"固定液を作ろう"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「固定液を作ろう」をご参照ください。



固定液を作ろう一覧
シャウジン液-原生動物などの固定に-  ハンギングドロップ法  ブアン液-原生動物の固定に-  ジェンダー液  塗抹標本を固定するときのポイント 

« オスミウム水溶液を使用した蒸気固定法 | メイン | アセトカーミン染色法 »
光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで-トップ
 

Copyright(c)光学顕微鏡・位相差顕微鏡の使い方ガイド -基礎から応用まで- All rights reserved .